« NEC Express5800/LB400g CS400g VC400g MW400g 発表 | トップページ | NEC サーバー・パソコンの最新ドライバ・ユーティリティ »

SATAとSASの違い ハードディスクについて学ぶ

 現在PCサーバに採用されているハードディスクには「SATA(SerialATA)」と「SAS(Serial Attached SCSI)」の2種類の規格があります。

 一般向けコンピューター製品(PC、エントリレベルPCサーバ)のハードディスク、IDE/ATA規格から発展したSATAに対して、SASは業務用コンピューター製品(ハイエンドPC、ミドルレベル以上のPCサーバ)のハードディスク SCSI規格から発展したSASの2つの規格があります。

 SATAは市販のパソコンに内蔵されているハードディスクと同じ規格で、ベアドライブもサーバ用の高信頼性製品であっても比較的安価に供給されています。一方、SASは量産数が少ないためベアドライブが高価で1個(300GB~450GB)で数十万円もします。ですので、サーバの構成を設計する際に予算との相談にもなりますが、大量のデータを蓄積しておくようなアクセスが少ない部分にはSATA、絶えず高速アクセスが必要なサーバOS、DB格納部分にはSASといった使い分けがポイントになります。

 エンタープライズ製品にはSAS HDD 15000rpmのHDDを選択することが多くなっており、シークタイムが短いため、同時アクセス時、ランダムアクセス時の応答がとても優れています。
 SASディスクの中には、SATAと同様のディスクユニットにSASの信号・コマンドを処理するようにした製品もあり、SAS HDD 7200rpmの場合はたいていこの種の製品です。

Expressテクノロジ読本 HDD(SAS、SATA)解説 [NEC]
SATAハードディスクとSASハードディスクの違い [日本HP]

特選街情報 NX-Station

|

« NEC Express5800/LB400g CS400g VC400g MW400g 発表 | トップページ | NEC サーバー・パソコンの最新ドライバ・ユーティリティ »

スペック・性能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140704/35734758

この記事へのトラックバック一覧です: SATAとSASの違い ハードディスクについて学ぶ:

« NEC Express5800/LB400g CS400g VC400g MW400g 発表 | トップページ | NEC サーバー・パソコンの最新ドライバ・ユーティリティ »